最近よく聞く酵素の中でも消化酵素とは!?

ファスティングやジュースクレンズをご存知ですか!?
ご存知の方は健康意識高めのイケイケパーソンです!笑

酵素があるからファスティングもジュースクレンズも意味があります!
今回はその酵素について書いていきます。

酵素は消化酵素代謝酵素食物酵素の3つに分けられます。その中でも消化酵素と代謝酵素は体内で作られるので潜在酵素と言われます。食物酵素は体内で作れないので私たち人間は食べ物から摂取して補っています。消化酵素は食物の分解、代謝酵素は栄養素を活かして修復や再生、食物酵素は消化の補助を行います。消化や再生などをする為のパイプ役として活躍します。

 

消化酵素

消化酵素は炭水化物、タンパク質、脂肪を分解する能力があります。唾液の中にはアミラーゼという物質が含まれており炭水化物を分解する働きがあり、たんぱく質を分解するのは胃液に含まれているプロテアーゼです。脂肪を分解するのは膵液の中にあるリパーゼが行います。


・炭水化物担当のアミラーゼ

膵臓や唾液腺を主な分泌器官で炭水化物をブドウ糖、マルトース、オリゴ糖などに分解し消化を助けます。私たち日本人の主食である米(炭水化物)を毎日アミラーゼがブドウ糖へ分解して日々のエネルギーを供給してくれています。もし、アミラーゼが不足していると消化不良を起こし腹部に不快感が出てしまいます。

アミラーゼを多く含む食材
大根、かぶ、キャベツ、柿、ナス、ショウガ、じゃがいも、山芋、パプリカ、ブドウ、バナナ、パイナップル、キウイ、梨、リンゴ、レタス、ほうれんそう、レタス、モロヘイヤ等


・タンパク質担当のプロテアーゼ

タンパク質をアミノ酸に分解する酵素です。食物に含まれているタンパク質を一度分解します。そして、吸収しやすいタンパク質にする働きがあります。胃腸の不快感や消化不良を防ぐ酵素として有名です。また、タンパク質汚れを落とすために洗剤などにも配合されています。

プロテアーゼを多く含む食材
麹、納豆、リンゴ、パパイヤ、パイナップル、イチジク、キウイ、キャベツ、セロリ、ピーマン、パセリ、生姜、玉ねぎ、にんにく、メロン、梨、バナナ等


・脂肪分解担当のリパーゼ

主に胃液や膵液に多く含まれ脂肪を分解する酵素です。その為“脂肪の燃焼”と深く関係する酵素でもあります。ダイエット中の方は是非とも活性化させたい酵素の一つですね。体温を1℃あげるだけで活性化する酵素でもあるので是非とも身体を温めることをお勧めします。

リパーゼを多く含む食材
大根、ニンジン、セロリ、トマト、ほうれんそう、ズッキーニ、アボカド、カボチャ、スイカ、オレンジ、いちご、グレープフルーツ、いちじく、ナッツ、納豆、キノコ等


※注意点

酵素は熱にすごく弱いです。48度から酵素の破壊が始まるとされています。なので、できるかぎり熱を加えない状態で食べる努力をしましょう。

今回は炭水化物、タンパク質、脂質に関する消化酵素のお話でした。「焼き魚定食に大根おろしがついているから、一緒に食べるとタンパク質の分解を助けてくれるなぁ」と少しだけでも思い出していただけると嬉しいです。

身体の中の酵素を活性化させてエネルギッシュな日々を過ごしましょう!

京都府出身 鍼灸師。心身共に手当てが出来る鍼灸師になると決めてスポーツ心理学、解剖生理学を専門的に学び鍼灸師免許を取得。資格取得後は整骨院で子ども、高齢者、アスリート等の鍼灸治療を担当。また、タレントやモデルが通う美容整体サロンの店長として根本改善を目指す施術を追求。現在はフリーランスとして活動中。

コメントを残す