今からできる!?夏バテ対策とは

暑い夏が近づいてきました!最近では、日中の気温が25°を超えることも珍しくありません。しかし、夏本番となれば、更に気温が上昇するとともに心配なのが夏バテです。夏バテというと、「食欲不振」や「体のダルさ」をイメージするのではないでしょうか?しかし、そこに関連して、「体温上昇」や「脱水症状」から「熱中症」に繋がることがあるのです。いまからできる夏バテ予防法を確認していきましょう!

夏バテとは?

そもそも夏バテは、

◎クーラーの過剰使用、冷たいもの飲みすぎなどによる、夏場の隠れ冷え性
◎地球温暖化などのせいで、急激な気温上昇に身体がついていけない

などの2大原因が、体温調節を鈍らせ、

◎食事の偏りや食欲の低下、睡眠不足

などとが複合して、起こると言われています。

 

それでは今から出来る対策とは!?

◇日頃から汗をかくようにしよう!

人体は汗をかいて、その汗が蒸発して、体温を奪う事で、温度調節をしています。
つまり
体内に熱をためない体づくりが大切となります。

最近では、少し暑くなればすぐに扇風機や冷房が利用されますが、この時期は温度を少し、高めにするか、あまり、使用しないようにしましょう。
無理のない程度での運動を心掛けましょう。例えば、買い物に歩いて出かける、エスカレーターはやめて階段を利用するなど、工夫をすることで日常生活の中でも、汗をかく運動は見つけられます。

※注意点
この時、汗をすぐにふかない事(汗が蒸発するまで待たないと温度が下がりません)と、汗をかいた後には、必ず、常温程度の水分とミネラル補給を忘れないようにしましょう。

◇ビタミンを摂取しよう!

ビタミンA :
夏に弱りがちな
胃の粘膜の機能低下を防ぐ
例)にんじん、ほうれん草

ビタミンB :
疲労回復を早めたり、脂肪や炭水化物の分解を助ける
 例)納豆、豚肉

ビタミンC :
病気や老化防止など
体の免疫力を高める
例)ピーマン、パセリ

ビタミンE :
血流を良くする。夏場の冷房による冷え性対策
例)ゴマ、大根の葉

大切なことは、偏った食事ではなく、バランスの取れた食事を心掛けましょう。

◇生活のリズムを整えよう!

夏バテ防止に重要となるのは睡眠です。
睡眠が不足してしまうと日中の疲れが体に蓄積されてしまいます。その疲れこそが、熱中症に繋がってしまうことさえあるのです。
夏本番に向け、
早寝早起きの習慣をつけ、しっかりと睡眠を確保できるように努めていきましょう。

いかがでしたでしょうか?
スポーツをする上でも、「夏バテ」はパフォーマンスに影響してきます。
夏本番に向けて、今から出来る対策を確認し、今から対策を行っていきましょう!



1988年、京都府生まれ。大学時代では競泳選手として、日本選手権ファイナリストとなる。五輪出場を目指し、北京五輪代表選考会に出場。競泳引退後、教育機関を経て、現在はトライアスリートやマスターズスイマー、キッズスイマーへの水泳指導にあたる。メディアを通して、スポーツ愛好家の方の「生活の質(QOL)」の向上を目指し、「JUICE」の著者を務める。

コメントを残す